イベントタイトル
平成29年5月28日(日)取手ゆめみ野にて、「夢の住まい・暮らしを体験! 取手ゆめみ野 ナチュラルフェスタ」を開催いたしました。
取手市をはじめとしたさまざまな地域から、今年も2,000名以上の方々にご来場いただき、
初夏を感じる日差しの中、家族の笑顔があふれる1日となりました。
皆様、イベントは楽しんでいただけましたでしょうか。又、地区の魅力を感じていただけましたでしょうか。
見出し 写真1

ゆめみ野駅前のイベント特設会場では、工務店やハウスメーカーなどの協力により、親子で一緒に楽しめる工作体験やゲームなどのミニイベントを多数開催!

自分たちの手で組み立てる木のジャングルジムは、みんなで協力して少しずつ高くなっていく様子に子どもも大人も大興奮!また、とんかちやカンナなどの大工道具を使ってイスやお箸を作ったり、工作にチャレンジしたり、世界にひとつだけのさまざまなオリジナル作品が出来あがりました。

取手アートプロジェクトによる青空教室では、みんなで即興の物語をつくったり、シルクスクリーンの版画に挑戦したり、「アートのまち」取手を実際に体験することができました。

UR都市機構のブースでは、子ども達が白いエコ風船に自由にお絵かき。色とりどりの風船が揺れていました。

子どもたちの創造がふくらめばいいですね。

 
写真2 写真3 見出し

取手市の地元企業や団体のご協力により、この日だけのナチュラルマルシェがオープン!
工作体験やウォーキングラリーで腹ペコになった子どもたちは、カレーや焼きそばで腹ごしらえ!エネルギーをチャージして、また次のテントへと元気に駆け出していきました。

関東鉄道のブースでは、なんとミニサイズの「取手ゆめみ野号」も走行!これには子どもたちだけではなく、お父さんたちが夢中になる姿も見られました。

取手の逸品はいかがでしたか?

 
写真4 見出し
写真5

取手ゆめみ野地区のモデルハウスを巡る「街と家探索ウォーキングラリー」では、各スタンプポイントで取手に住む動物たちのスタンプをゲット!

ウォーキングラリーのゴールでは、子どもも大人も大好きなチキンラーメンが振る舞われました。

ゆめみ野公園には、森の妖精モリゾーとキッコロが登場!取手ゆめみ野の豊かな自然の中で子どもたちと一緒にダンスや記念撮影を楽しみました。環境NPOとりでの皆さんからは、松ぼっくりや木の実を使った笛やマスコットの自然工作を教えていただきました。

各モデルハウスでは、趣向を凝らしたミニイベントも開催!イベントに参加するほか、現在 続々と建築の進む取手での家づくりのヒントを、熱心にヒアリングする方の姿も見られました。

取手ゆめみ野の豊かな自然を体感いただけたと思います。

写真6
前回取手ゆめみ野ナチュラルフェスタレポート

このページの先頭へ